■音楽CD第2弾です。「よつばの1日」をテーマにした第1弾を受けて、今回は「よつばの冬」をテーマにしてみました。マンガ本編ではまだまだ先の「冬」を、音楽でひと足先にお届けします。「冬将軍」をよつばの扮するキャラクターに見立てて、北風の吹きはじめる頃から春一番が吹くまでの季節を描いています。前回作られた音楽による「よつばと!」の世界観を踏襲しつつ、さらに新しいイメージも盛り込みました。第1弾で作った遊び場で、またちょっと違う遊びをしている感じ。
■もちろん作曲は栗原正己さん。「よつばの冬ってこんな感じ」というのをイラストや文章を交えつつ、長い打ち合わせを重ねました。ちゃんとしたことからどうでもいいことまで、いろいろな「よつばと!」の空気感もばっちり曲の中に入ってます。演奏は栗コーダーポップスオーケストラさん。たくさんの楽器や楽器じゃないものが、よつばと冬を奏でます。何を奏でているのか想像するのも楽しいのは、前回と一緒。じっくり聴いたり、ぼんやり聴いたりしてみましょう。気づけばよつばが走り回っている姿が目に浮かぶはず。
■弦と吹奏パートの編成も前回より増えました。冬のいろいろなニュアンスがきめ細かく表現されてます。よつばをとりまく世界が広がっている感じです。制作費が前より広がってる感じもします。
■2006年発売。しばらく在庫が切れていましたが再生産しました。(2012年1月)

  ■ブックレットには「冬」のよつばのイラストがたくさん

■ジャケットはこんな感じ。よつばではなく、冬将軍さんです。雪だるま軍団を配下に従える、とても寒い将軍です。心はかなりあったかいらしいです。
■音楽CD よつばと♪ 組曲「冬将軍」 2006年11月発売
企画=よつばスタジオ/作曲・アルバムプロデュース=栗原正己/演奏=栗コーダーポップスオーケストラ
発売=ジェネオン エンタテインメント/価格=2,940円(税込) →→→Amazon
→→→よつばとダンボーストア